星野耳鼻咽喉科 睡眠呼吸センター

西宮 いびき・睡眠時無呼吸症候群の治療・検査

home
サイトマップ
予約専用TEL・050-5305-5515
お問合せTEL・0798-35-5965
パソコンから予約する
携帯から予約する
電話ガイダンス予約
問診票ダウンロード
アクセス
阪神西宮駅南すぐ西宮全域、尼崎市、神戸市、芦屋市など兵庫県内各地、兵庫県外からも多数来院していただいております。

星野耳鼻咽喉科睡眠呼吸センター

兵庫県西宮市田中町3-1

エイヴィスプラザ総合医療フロア

■阪神西宮駅 徒歩1分 南側正面

■阪神芦屋駅から6分

■阪神尼崎駅から15分

診療時間

自宅で出来るいびき、睡眠時無呼吸症候群の簡易検査

検査装置の貸出しについて

当院では仕事で忙しい方にも、検査費用が気になる方にも便宜を図るため、初診時当日に自宅で出来る、いびき・睡眠時無呼吸症候群の検査装置をほぼ全員の患者様にお持ち帰りいただいております。

返却は宅急便で当院へ御返却ください。返却のための送料は着払いで無料です。

但し一般的なことですが、あくまで自宅で出来る簡易検査のため 検査結果の評価には限界があり、熟練を要することもご理解ください。

当院では患者様の状況に合わせて自宅で出来る睡眠時呼吸検査装置を2タイプ用意しております。

豊富な検査装置の中から患者様にあった検査装置を、受診時にお渡ししています。

返却は宅急便で当院へお返しください。

自宅で出来る検査の限界について

■自宅で出来るいびき、睡眠時無呼吸症候群の検査(以下ポータブルモニター・PM)の限界について

自宅で出来る? 世界的なコンセンサスでは、この結果だけで安易に睡眠時無呼吸症候群を評価診断するのは非常に危険とされています。

この検査では自動解析を行うと下記のような問題があり医師、検査技師による目視、マニュアル解析と医師自身による結果の解釈が必須です。安易な業者任せの自動解析は非常に危険です。

  • 1)低呼吸を無呼吸と捕らえてしまう。
  • 2)センサーの取り付けが悪いと無呼吸低呼吸と判定してしまう
  • 3)低呼吸を正常と判定してしまう恐れもある。例え酸素飽和度の低下が無くとも呼吸の減弱に脳波上の覚醒が伴えば低呼吸となる。脳波測定が同時にあれば解決できる。
  • 4)ポータブルモニター・PMにおける低呼吸の出現頻度は不正確な自動解析の低呼吸の基準をどうするかによっていとも簡単に変わってしまう。
  • 5)電源を入れたときがおおよその就寝時間 切ったときがおおよその起床時間で睡眠一時間あたりの無呼吸低呼吸指数はおおよその結果である。
  • 6)たった一日の検査なのでそれが全て365日同じであるということは無い。重症であればあるほど毎日いつでも重症ですが。
  • 7)慢性閉塞性肺疾患、心不全などの合併症を持つ患者様の睡眠呼吸障害の評価には使用できません。

簡易検査の結果解析について

患者様の訴え、視診、触診、セファロメトリー、CTによる無呼吸症候群、いびきの評価が、自宅で出来る簡易検査の数値上の評価と一致するかどうかを見極めることは非常に大切です。一致しない場合にはポータブルモニター・PM の結果の精度をまずは疑う必要があります。患者様の眠気の訴えが、視診、触診、セファロメトリー、CT、ポータブルモニター・PM の結果と一致しない場合には睡眠時無呼吸症候群(睡眠呼吸障害)以外の睡眠障害の存在も考慮しなければなりません。

またポータブルモニター・PMで睡眠時無呼吸症候群の存在が判明しても、判明した時点まで睡眠時無呼吸症候群による心血管系の障害因子が存在したわけです。現在の全身状態、合併症(糖尿病、脂質異常、心血管障害など)の把握は言うまでもありません。現在の全身状態、合併症の把握は治療の選択(たとえばCPAP、マウスピースなど)にも不可分のものです。

いきなり簡易検査で無呼吸低呼吸指数が低いからマウスピース、高いからCPAPは言語道断です。

現在の経済情勢や多忙な患者様のことを考えると自宅で検査可能な簡易検査も必要です。

治療上急を要すると判断された場合には簡易検査(PM)でCPAP治療、マウスピースに移行することもあります。

ポータブルモニター・PM使用の流れ

初診時・・・・センサーの装着や機械の操作法について説明(15分程度)を致します。説明書とともに機械をお持ち帰り下さい。

ご自宅で・・・お休みになる前に鼻の下に呼吸センサーを、指に酸素センサーをつけていただきます。

翌日・・・・・宅急便にて当院へ検査装置を返却してください。

ポータブルモニター・PM使用の流れ

ポータブルモニター・PM使用の流れ

装着イメージ

ポータブルモニター・PM使用時の注意点

■睡眠時間はできれば少なくとも4時間以上はおとり下さい。 睡眠時間があまり短いと情報量が少ないため、正確な判定ができないことがあります。

■いつもと同じ状態で記録することが望ましく、お酒、お薬をお飲みになる方は普段通りにお飲み下さい。

■説明書をもう一度よくお読みになって下さい。

■センサーは寝返りをうったとき等に簡単にはずれないように、しっかりと装着して下さい。

睡眠評価装置 LS-300

睡眠評価装置 LS-300

睡眠中の心電図と睡眠中に心臓に影響を与える無呼吸状態、低酸素状態を同時に測定記録することが可能です。睡眠時の無呼吸と不整脈など心臓の変化がほぼ同時に測定できるわけです。睡眠時無呼吸症候群では心疾患の合併が多く、無呼吸から正常な呼吸に戻るとき不整脈などが多く出現します。

この装置は睡眠時無呼吸症候群の検査が同時に行える優れものです。

一日2名までで隔週金曜日夜にお貸しします 。

呼吸中の胸の動きおなかの動きも同時に測定し呼吸の評価ももう少し詳しく見ることができます。

 
電源オンオフ間の呼吸睡眠中モニタリング
電源オンオフ間の呼吸睡眠中モニタリング
 
5分間の詳細
5分間の詳細
拡大図>>>

一泊二日 入院検査

一泊入院して行う終夜睡眠ポリグラフィー検査

入院検査
 
入院検査

当院の入院検査は会社帰りに夜入院、翌朝退院(1泊2日入院)の上行います。

検査技師の監視下で 以下のような場合に入院検査を行います。

■Bi-Level CPAP(CPAP治療のひとつです)の適正圧、トリガーを微細に調整します。

■触診、視診、レントゲン所見と患者様の症状及び自宅で出来る睡眠検査の測定結果が一致しないときに行う精確な検査です。

■睡眠時無呼吸症候群以外の睡眠障害を除外するために行うこともあります。

■どうしてもCPAP治療がうまくゆかない場合などにCPAPマスク装着の上、検査技師、医師の監視下の下に行うこともあります。

何故CPAPを外すのか、睡眠時無呼吸以外にも何か病気があるのかどうかなど調べます。

診療時間
午前診療 8:45~12:00 月~土
午後診療 4:00~ 7:00 月~金

休診日:土曜午後・日祝祭日

※午後の窓口での受付は6時30まで

星野耳鼻咽喉科 睡眠呼吸センター

〒662-0973 兵庫県西宮市田中町3丁目1 エイヴィスプラザ2F

阪神西宮駅徒歩1分